解決事例

当事務所の解決事例の一部をご紹介します。

窃盗で逮捕されたが、弁護士の介入により不起訴処分となった事例

2021年5月19日

刑事事件

<事件の概要>

路上に駐車中の自動車の中に置いてあった現金2万円を盗んだところ、窃盗の疑いで逮捕されてしまった。

 

<相談後>

弁護人として、被害者と連絡をとり、被害金額を弁償することで示談書を取り交わし、同居親族が本人を監督するという誓約書を作成し、検察庁に提出した結果、不起訴処分で釈放された。

 

<弁護士コメント>

刑事事件を起こして逮捕・勾留された場合、外部との連絡は極めて限られた方法でしか行うことはできません。

また、捜査機関の側から、被害者の情報等をすぐに教えてもらえるとも限りません。

 

逮捕・勾留されている場合、不起訴処分を獲得できるかというのが弁護人としての第一の目標になります。

そのため、示談書の取り交わしや誓約書の作成等の有利な事情は、検察官が最終的な処分を決める前に取りまとめておく必要があります。

 

本件は、被害額が僅少であり、被害者も弁償さえしてもらえれば特段の処罰を望まないという態度であり、親族の協力も得られていた事案でした。

そのため、その旨を検察官に説明し、不起訴処分を獲得することができました。

 

【関連コラムのご紹介】

弁護士コラム:警察から連絡が来たら?

一新総合法律事務所は、高崎事務所のほか
東京・長野・新潟に拠点を有する総合法律事務所です。
交通事故、企業法務、離婚・男女問題、遺言・相続、債務整理など
幅広い法律問題に対応しています。

悩むよりも、まずご相談ください

無料相談する

ご相談予約専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-15-4640
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

027-386-9130
027-386-9130

受付時間:
土日祝を除く9:00~17:00

ページの先頭へ