最新情報

事務所からの最新情報や法律に関する情報をご紹介します。

◎弁護士コラム◎法律業界の略語?アルファベット編

2020年11月11日

コラム

今回は、法律業界の略語?アルファベット編として、日ごろ業務の中で多用するアルファベットをご紹介します。

アルファベット編以外があるのかどうかは未定ですし、私の個人的な体験に基づくものかもしれませんが、お付き合いください。

 

【X、Y】

一般には、請求者をX、被請求者をYとしていることが多いと思います。

訴訟では、Xが原告、Yが被告として略記するのが一般的です。

 

【A、V、W】

Aは、刑事事件で、被疑者・被告人を指すときに使います。

Vは、刑事事件における被害者、Wは証人(目撃者等)を指すときに使います。

 

【Q】

刑事事件の尋問手続をQと略記・呼称することがあります。(なぜか民事事件では使うことが少ない気がします。)

AQであれば被告人質問、VQであれば被害者尋問です。

 

【J、P、B】

Jは裁判所(裁判官)、Pは検察官(検察庁)、Bは弁護士です。

検察庁のことをP庁と呼んだりもします。

 

【K】

Kは警察官です。

 

【S】

刑事事件において、供述調書の意味で使われています。

KSであれば警察官作成の供述調書ですし、PSであれば検察官作成の供述調書です。

AやWと組合せて、AKS(警察官作成の被疑者供述調書)、WPS(検察官作成の目撃者供述書)などのようにも使われます。

 

その他、ドイツ語由来で債権者をG、債務者をS、保証人をBと記載する例がありますが、これはどちらかというと学者由来であり、実務の上で使うことはあまりないと思います。

 

覚えたからと言ってどうということはないですが、「AQ案を作らないと…」とか「PSは不同意にする!」などとつぶやいている人がいれば、まず間違いなく弁護士だと思います。

 

下山田聖弁護士の紹介はこちら

◇高崎事務所へのご相談予約は★ご依頼方法★

◇高崎事務所の連絡先およびアクセスは★アクセスページ★

★よく検索されているキーワードのコラムはこちらです★

弁護士会照会(23条照会)とは何か

 

悩むよりも、まずご相談ください

無料相談する

ご相談予約専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-15-4640
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

027-386-9130
027-386-9130

受付時間:
土日祝を除く9:00~17:00

ページの先頭へ