解決事例

当事務所の解決事例の一部をご紹介します。

遺産分割において,不動産の評価が争いになった事例

2020年4月30日

相続・遺言

<相談前>

父親の死亡後,相続人が2名の事案において,遺産分割の内容及び代償金の金額が問題になり,調停を申し立てられた。

 

<相談後>

遺産には,預貯金と複数の不動産があったものの,相手方は,預貯金のみの取得を希望し,当方依頼人が不動産を取得することとなった。

当該不動産は,近傍隣地の取引状況からみると,売却が困難であり,固定資産税や解体費が相当程度かかる見込みであることから,価値をほぼゼロと評価した上で代償金の算定をした。

 

<弁護士コメント>

遺産相続の場合,不動産の取得が大きな問題となることがあります。

依頼人の立場によって,不動産の評価が高い方が有利なのか低い方が有利なのかは変わってきます。

不動産の価値の一応の目安として,課税の基礎となる固定資産評価額がありますが,必ずしも市場価格を適正に反映しているとはいえません。

また,不動産を取得した側は,その後,固定資産税を負担することになります。

 

遺産の中に不動産がある場合には,「これはいくらなのか」を様々な視点から考えた方がよいでしょう。

一新総合法律事務所は、高崎事務所のほか
東京・長野・新潟に拠点を有する総合法律事務所です。
交通事故、企業法務、離婚・男女問題、遺言・相続、債務整理など
幅広い法律問題に対応しています。

悩むよりも、まずご相談ください

無料相談する

ご相談予約専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-15-4640
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

027-386-9130
027-386-9130

受付時間:
土日祝を除く9:00~17:00

ページの先頭へ