解決事例

当事務所の解決事例の一部をご紹介します。

インターネット掲示板への書込みを理由に損害賠償請求をされた事例

2022年1月20日

その他の問題

<事件の概要>

インターネット上の掲示板に、特定の人物を誹謗中傷する旨の書込みをしてしまった。

その後、発信者開示請求がなされ発信者が特定され、相手方の代理人弁護士から、発信者開示請求に要した訴訟費用や慰謝料等合計200万円の請求をうけている。

<相談後>

代理人として関与し、相手方弁護士と交渉の上、和解金として60万円を支払うことで示談をすることができた。

<弁護士コメント>

インターネット掲示板の書込みを原因としたトラブルは、昨今増加傾向にある印象があります。

匿名の書込みであっても、発信者情報の開示請求をすることで書込みをした本人が特定され、慰謝料等を請求されるケースがあります。


また、発信者の特定には訴訟提起をすることが必要になりますが、その分の訴訟費用を含めて請求を受けることもあります。

訴訟提起費用も損害に含まれるかという点については、現在(令和4年1月20日)時点では最高裁判所が判断を示したものはありませんが、東京高等裁判所で、訴訟費用も損害に含めるとの判示をしたものがいくつかあります。

通常、訴訟追行のための弁護士費用は損害には含まれないのですが、発信者の特定のためには発信者情報開示という高度に専門的な訴訟が必要不可欠であり、個人でこれを行うのは困難であるという理由から、損害として認めるという結論を出しています。


本件では、訴訟費用を含めて200万円が請求されていました。

書込みの内容からすると、名誉等を毀損するものであること自体は争いにくいものでしたので、当該書込みの削除要請をする等の条件を含めて、なんとか支払うことのできる限度額で示談をすることができました。

こちらの記事を読んだ方におすすめの記事

2020.05.15

訪問販売業者と和解した事例

2021.02.03

工事代金につき訴訟提起し約80万円の回収に至った事例

一新総合法律事務所は、高崎事務所のほか
東京・長野・新潟に拠点を有する総合法律事務所です。
交通事故、企業法務、離婚・男女問題、遺言・相続、債務整理など
幅広い法律問題に対応しています。

悩むよりも、まずご相談ください

無料相談する

ご相談予約専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-15-4640
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

027-386-9130
027-386-9130

受付時間:
土日祝を除く9:00~17:00

ページの先頭へ