解決事例

当事務所の解決事例の一部をご紹介します。

会社商品の無断売却を理由に刑事告訴をした事例

2020年4月23日

企業法務・顧問契約

<相談前>

製造業の会社につき,棚卸しの際に商品在庫の数が合わないことが発覚した。その後,取引先等の関係者に当たって調査をしたところ,複数の従業員が商品を横流ししていたことが発覚した。刑事処分を求められないか。

 

<相談後>

会社商品の無断売却は業務上横領罪(刑法254条)に該当し得るため,当該商品の在庫状況,管理方法,当該従業員しか横流しし得ないことを示す資料をまとめた上で,告訴状を提出した。

 

<弁護士コメント>

刑事告訴は,証拠資料がよほど明確に揃っているケースでなければ,正式に受理されるのはなかなか困難です。

犯罪行為は秘密裡に行われますので,事後的に証拠を収集しようとしても,思うようにはいかないことの方が多いでしょう。

ただ,正式に受理という形を取らなくても,警察に任意の捜査を促すという観点からは,意味がある場合もあります。

この件でも,また別の余罪が発覚し,警察が捜査をすることになりました。

一新総合法律事務所は、高崎事務所のほか
東京・長野・新潟に拠点を有する総合法律事務所です。
交通事故、企業法務、離婚・男女問題、遺言・相続、債務整理など
幅広い法律問題に対応しています。

悩むよりも、まずご相談ください

無料相談する

ご相談予約専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-15-4640
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

027-386-9130
027-386-9130

受付時間:
土日祝を除く9:00~17:00

ページの先頭へ