解決事例

当事務所の解決事例の一部をご紹介します。

訪問販売業者と和解した事例

2020年5月15日

その他の問題

<相談前>

高齢で一人暮らしをしている母親が、自宅を訪れた訪問販売業者から、布団乾燥機や健康器具を購入してしまった。

本人に聞くと、まったく必要なものではないとのことなので、業者と交渉してもらいたい。

 

<相談後>

①本人が高齢であること、②販売形態としても、急に自宅に訪問し一度断っているにもかかわらずしつこく勧誘するという不適当なものであったことを理由に、特定商取引法違反の疑いがあるとして、既払金約50万円の返還及び残代金約20万円の免除を求める文書を、販売業者宛てに送付した。

販売業者との交渉ののち、売買契約の解除及び残代金支払を免除してもらうことで和解した。

 

<弁護士コメント>

特定商取引法は、事業者の不当な勧誘等により契約を締結してしまった場合のことを規定しています。

典型的には、高齢者に対する布団の押し売りです。

このような消費者被害が頻発したことから、消費者を守るために特定商取引法や消費者契約法が制定されており、比較的法改正が多い分野でもあります。

 

さて、法規制が強化されるなかで、明らかに法律違反を指摘される形態をとっている業者はほとんどないでしょう。

「今回私が受けた勧誘は、特定商取引法に違反するものではありません。」と記載された書面に署名押印を求めるなど、事後的に販売形態の法律違反を主張されにくい方策が取られています。

 

 

 

一新総合法律事務所は、高崎事務所のほか
東京・長野・新潟に拠点を有する総合法律事務所です。
交通事故、企業法務、離婚・男女問題、遺言・相続、債務整理など
幅広い法律問題に対応しています。

悩むよりも、まずご相談ください

無料相談する

ご相談予約専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-15-4640
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

027-386-9130
027-386-9130

受付時間:
土日祝を除く9:00~17:00

ページの先頭へ