最新情報

事務所からの最新情報や法律に関する情報をご紹介します。

成年年齢の引下げと養育費支払の終期(弁護士:下山田 聖)

2022年3月31日

コラム

この記事を執筆した弁護士

弁護士 下山田 聖

一新総合法律事務所 弁護士
 下山田 聖(しもやまだ さとし)

一新総合法律事務所・高崎事務所所長。
社会には、法律問題を抱え、悩んでいる方がたくさんいると思います。私は、そのような方と真摯に向き合い、どのようなことでも誠実に対応することのできる弁護士になることを目標としています。少しでも皆様の紛争解決に資することができるよう、日々努力していきたいと思います。

1.令和4年4月1日より成年年齢が18歳に

令和4年4月1日に施行される改正民法によって、成年年齢が18歳に引き下げられます。

これに伴い、令和4年4月1日の時点で18歳以上20歳未満の方については、民法上「成年」として扱われます。

2.養育費の支払い期間への影響は?

離婚時に子がいる場合には、親権者とならなかった側の親が、親権者となった親に対して支払う養育費の問題が生じます。


養育費とは、子の監護のために要する費用であり、「自己の資産又は労力で生活できる能力のない者」を監護する親に対して支払う義務のある費用です。


そのため、従前でも、当該子の現実の状況に応じて、当事者間で、18歳まで、20歳まで、22歳(大学卒業まで)というような取り決めがなされてきました。


養育費とは、子が未成熟であって経済的に自立していない場合に支払われるものであることからすると、今回の民法改正により成年年齢が18歳に引き下げになったとしても、これに伴って「18歳までしか養育費の支払義務を負わない」ということになるわけではなく、個々の事情をもとに、いつまでとするのか、当事者間で協議をする必要があろうかと思います。

ただし、子が経済的に自立していないとはいっても、概ね22歳(大学卒業程度)に達すれば、以降は子に稼働能力があるというように捉えられますから、子が現実に働いていないという事情だけで、養育費を払い続ける必要があるというわけでもありません。

3.最後に

成年年齢が引き下げになったとはいえ、学校教育のカリキュラム自体が変わるわけではないので、養育費支払の終期としては、従前と同様に、基本的には20歳まで(大学進学している、進学が見込まれる場合には22歳まで)とするような運用に変化はないのではないかと思います。


「離婚」「親権」「養育費等」「男女問題」「面会交流」「財産分与」「慰謝料」などについてお悩みの方、群馬県・高崎市内の弁護士をお探しのみなさまは、一新総合法律事務所高崎事務所までどうぞお気軽にお問い合わせください。

悩むよりも、まずご相談ください

無料相談する

ご相談予約専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-15-4640
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

027-386-9130
027-386-9130

受付時間:
土日祝を除く9:00~17:00

ページの先頭へ